想像もしなかった抜歯後の体調不良

以前に歯が痛み、大阪で口コミのよい歯周病歯医者に行ったことがあります。原因は虫歯でしたが、親知らずにできたものでした。この親知らずは真っ直ぐに生えておらず、隣の歯との間に大きな隙間を作っていました。そのためそこにものが詰まりやすく、隣の歯も虫歯になる可能性が高いと指摘されました。それで虫歯になった親知らずを治療するのではなく、抜くことにしたのです。
非常に大きな親知らずでしたが、きれいに抜くことができました。また幸い麻酔が切れた後も大きな痛みを感じることもありませんでした。しかしその夜、思いもしない状況に直面することになったのです。なぜか体がだるく感じ、体温計を取り出して熱を計ってみると、38度の熱があったのです。
風邪でも引いたのかなと思っていたのですが、どうやらこれは親知らずの抜歯による発熱だったようです。そしてその晩、急に歯茎に激痛が走るようになったのです。歯医者でもらった痛み止めを飲みましたが一時的に楽にはなるものの、再び激し痛みが襲ってきます。このような状況を一晩経験し、一睡もできませんでした。想像もしていなかった出来事に、疲れ切ってしまいました。