痛みに耐え続けた長い歯列矯正

高校生の頃に吹田の歯医者で歯列矯正を始めました。顎が小さく、歯が大きいので前歯がガタガタだったのです。まず最初に前歯をきれいに並べるためのスペースを作らないといけないので抜歯をするのですが、上下2本ずつと親知らず2本、合計6本も抜歯しました。麻酔をしますが、抜く前に鋭い痛みが一瞬あり、それを6回耐えないといけないので辛かったです。

 

抜歯を終えた後、ワイヤーをつけて歯を動かしていくのですが、ワイヤーを調節して3日くらいは歯全体がじんじんと鈍い痛みが続きます。噛む度に痛みが走ってごはんも食べづらかったです。それを3週間おきに繰り返していきます。一番怖かったのは、上顎の骨にネジを埋め込んだときです。抜歯してスペースができたところに犬歯を動かしていくためなのですが、ネジをグリグリ埋められていくのが痛いし怖いし本当に嫌でした。

 

3年かけてようやく矯正が終わり、歯並びもきれいになって良かったのですが、これで終わりではありませんでした。透明のマウスピースが渡されて、それを毎晩つけるようにと言われました。いつまですればいいのか聞くと、できればずっとつけたほうが良いとのことでした。やっと開放されたと思ったのですが、矯正とは一生付き合っていかなければならないようです。